クリニックの紹介

院長あいさつ

院長 依田和彦

院長 依田和彦
(よだ かずひこ)

産婦人科医を生涯の主治医に

産婦人科と上手に付き合う!

仕事や家事で忙しい現代女性こそ、産婦人科のかかりつけ医を持って身体をメンテナンスしましょう。女性は男性と違い、刻々と変化するホルモンに支配されております。初潮に始まり、長きにわたり月経周期があり、やがて閉経を迎えます。その間さまざまな異常が現れます。

産婦人科は、生涯にわたって美しく健康に生きて行かれます様に、サポートいたします。女性にとりまして欠かせない診療科です。

依田レディスクリニックは、医師を始め全スタッフが皆様方の健康を生涯にわたり、総合的にご支援いたします。

ある若い女性の次のようなお話が、今でも記憶に鮮明に残っております。

10代、20代の女性が産婦人科にかかるときの心理的な抵抗、憂鬱というのは大変なものだ。
どこか痛いとかケガをしたとかと違って、なんだか症状を話すだけでも恥ずかしい気がする。 適切な言葉も見つからない。

そしてあの診察台。
いくら相手がお医者さんだとわかっていても、ファイト!といった思い切りがないと最初はのぼれない。

ハズレの医者にかかった日には、一生忘れないほどの屈辱を味わうことになる。
おどおどと門をくぐってくるシロウトをリラックスさせてくれるお医者さんや看護婦さんの応対を望みます。

わたしたちは、看護婦、受付のスタッフともども、皆様がたに安心してご診察がお受けになれるよう努力いたしております。

院長プロフィール

  • 日本産科婦人科学会会員
  • 日本不妊学会会員
  • 日本受精着床学会会員
  • 日本女性医学学会会員
  • 日本産科婦人科学会認定専門医
  • 母体保護法指定医(旧優生保護法指定医)