ドクターに聞く

更年期障害

女性は月経のある間は、卵巣から分泌されます女性ホルモンに支えられて比較的健康に人生を過ごして来ました。人生80数年の時代を迎えた今、閉経後30年以上の人生を女性ホルモンなしで過ごす事になり、さまざまなホルモン欠乏症状に直面する事となったのです。

女性ホルモン(エストロゲン)の減少の結果、身体的な変化が起き、また更年期を迎えます50〜55歳くらいは、ちょうど人間関係や環境が変化する時期でもあります。

ですから、更年期は広い意味で女性の人生におけます過渡期、あるいは転換期であると捉えたほうが良いのです。

その代表的な症状が、「のぼせ、ほてり」ですが、これは一般的には閉経前後の数年間で自然に軽減、消失することが多いのです。そのほかに、「何もやる気がしない、疲れやすい、イ ライラする、憂鬱…」といった精神面の訴えがみられます事も少なくありません。

また、女性ホルモン(エストロゲン)は骨からのカルシュウムの流失を抑え、更に腸管からのカルシュウム吸収を働きかけています。そこで、女性ホルモン(エストロゲン)の急激な減少は「閉経後骨粗鬆症」の原因ともなります。

動脈硬化によります心筋梗塞などのリスクは、40代までは男性が圧倒的に高く、女性は低いのです。これは女性ホルモン(エストロゲン)の働きによりものです。エストロゲンは悪玉コレステロールの値を下げるだけではなく、血管に対しても良い作用をします。

ただ、女性も50代になりますと閉経の影響でリスクが高まり、要注意です。この様な症状にたいして具体的な治療としまして、ホルモン補充療法(H.R.T.) があります。

又、更年期以降の女性は、肌が乾燥しやすくなります。膣や外陰部周辺などのデリケートゾーンも乾燥し、かゆみなどがあり、性生活を苦痛と感じられた事はありませんか?恥ずかしいと我慢されておられる方も多くいらっしゃいます。そのような場合のための性交時の潤滑ゼリーを取り扱っておりますので、ご相談下さい。

  • 費用は1,000円(税抜き)

 

ホルモン補充療法(H.R.T.)

更年期を迎えます頃より急激に減少しました女性ホルモン(エストロゲン)を薬により補充するのが、ホルモン補充療法(H.R.T.)です。

H.R.T.は、エストロゲンと黄体ホルモンの2種類を併用しますのが基本です。

エストロゲン製剤には、パッチ(貼り薬)や飲み薬があります。

 

「ドクターに聞く」一覧を見る