クリニックの紹介

院長あいさつ

院長 依田初栄

院長 依田初栄
(よだ はつえ)

当時小児眼科の草分け的存在であった、国立小児病院(現:国立成育医療センター)に8年間勤務後、下北沢の地に「よだ眼科クリニック」を開設し、以来30年余り、乳幼児・小児の視機能をいかにより良く育てるかに心をくだいて参りました。

私が携わった弱視・斜視の方々もすでに中年を過ぎ、幼少期にどういう治療をすることが、晩年にとって、幸いするのかまでを考えるようになった昨今です。

常にdiscussionを重ね、患者の皆様に教えられながら、小児眼科をライフワークとして全うしていく所存ですので、お付き添いの家族の方を含めて、どうぞ率直な御意見を承まわらせて頂ければ幸いでございます。

院長プロフィール

略歴

  • 昭和22年1月2日生まれ
  • 昭和40年 石川県立金沢泉丘高校卒業
  • 昭和46年 国立金沢大学医学部卒業
  • 同年    慶應義塾大学医学部研修医
  • 昭和48年 国立小児病院勤務 (現国立成育医療センター)
  • 昭和56年 よだ眼科クリニック院長
  • 昭和59年〜平成13年 日大駿河台病院にて非常勤講師として小児眼科外来担当

資格

  • 日本眼科学会認定眼科専門医
  • 日本弱視斜視学会会員
  • 日本小児眼科学会会員