小児眼科のご案内

お家での目の検査

視力が両目とも悪い場合は、発見が多少遅くなっても、治ります。

片眼だけの視力が悪い場合には、発見が遅くなると、手遅れになる場合が多いのです。

視力の左右差がないかをチェックすることがポイントです。

I 視力検査(弱視のチェック)

(1)片目を隠しても嫌がらないか?

乳児は片目を隠すと嫌がるのが普通です。 しかし、極端に左右差がある時は、片目が見えていない弱視の疑いがあります。 目を変えて右から隠したり、左から隠したりして試してみましょう。 2〜3才までは左右差がなくても、それ以降に差がでてくることもあるので、 半年毎にチェックしてみて下さい。

眼位検査

(2)目の動きが変ではないか?

目が左右同じように、両はじまで動くかどうか? 左右の動き方に差がある場合には、弱視や斜視の疑いがあります。

(3)「頬ずり見」をしていないか?

いつも決まったほうを下にして、片目だけで見ようとしていませんか? 片目が弱視になりかけているかも?<図A>

遠視の場合に「頬ずり見」を続けると 片目が弱視になることがあります。 近視の場合でも片目だけ近視が進み、 不同視の原因になることも・・・

II 眼位検査(斜視のチェック)

        

眼位検査

光輝点の位置を確認する。
ペンライトの明りを見ているときに、黒目の中央に光輝点が左右とも中央に映っていますか?
写真<図B>でも同じように白い点で見分けることができます。