小児眼科のご案内

視機能発達について

  • 生まれたばかりの赤ちゃん→明るいほうを見ます。白と黒の明りだけの世界です。
  • 1〜3ヶ月くらい→視力は0.01〜0.02くらい。ものが動いているのがわかるようになります。
  • 6ヶ月くらい→視力は0.04〜0.08くらい。ぼんやりと形がわかるようになり、少しずつ色がわかってきます。
  • 1〜2才くらい→視力は0.2くらい。ものやひとがはっきり見えるようになります。
  • 6歳〜8歳頃→視力は1.0〜1.2くらい。視力や視野がぐんぐん成長し、物を立体的に見る機能や、両眼で同時に物を見る機能もほぼ完成します。
  • 12歳〜15歳の頃→身長がグーンと伸びると、視力が落ち始めます。
  • 25歳の頃→視力の低下がとまるころといわれています。
  • 40歳くらい→老眼が始まります。(目のピントを合わせる力がだんだんなくなってきます。近いところを見ることが難しくなり、目の力だけでは文字などはっきり読めなくなります。)
  • 60歳くらい→進んでいた老眼が止まる頃です。